役割の変化④

役割の変化は同時に起きる場合があります。例えば自分も含め家族がなんらかの事件に巻き込まれる場合などです。

この場合、自分も変化に対応しなければならないし、家族も変化に対応しなければなりません。

また、トラウマ体験とは、孤独な立場になりやすい体験です。特に性被害などは、周りの人に言いにくいものです。友達に相談しても、「もっと注意してればよかったのに」と言われることもありますので、より孤独になってしまう場合もあります。

これは、相談するなということではなく、むしろ相談は「自分への信頼」と「身近な人への信頼」を回復するきっかけになるのでしたほうがいいです。ただ、できるだけ信頼できる相手するといいでしょう。