1歩

トラウマの原因が自分にあると分かった場合、トラウマを作ったのは自分だということを認めるのは難しいこともあります。

その当時はその当時で自分なりのベストな対応だったのだと思います。

しかし、トラウマの方の回復を考えるならば、トラウマの方の目から見た世界で起きたことを、中々受け入れられにくいかもしれませんが受け入れることで問題が1歩前進します。