1つの方法

対人関係療法を専門としている人じゃなくても、信用できる治療者に安心できる環境でサポートしてもらいながら、親しい人に気持ちを打ち明けてみるというのもいいかもしれません。