無自覚

トラウマは「とても大きな衝撃」を受けた時になるものです。

しかし、強度の強いトラウマを持ってる人ほど無自覚なことが多いです。

その理由として、トラウマ症状の特有の解離や回避が起きるからだと思われます。