目標

大きな目標よりも、まずは小さな1歩から。

大きな目標だけでは、挫折しやすいので短期的な目標も一緒に作るといいでしょう。