ブログ一覧

環境

トラウマの方に謝ったとしても、それでトラウマがすぐに良くなるわけではありません。 トラウマの回復には時間がかかり、謝るというのはその回復の...

良い影響

自分が意図してやったことではなくても、本人がトラウマを感じたということを認めることは、 「自分への信頼」 「身近な人への信頼」 「世界...

1歩

トラウマの原因が自分にあると分かった場合、トラウマを作ったのは自分だということを認めるのは難しいこともあります。 その当時はその当時で自分...

よかれと思ったことが

トラウマは、意地の悪い考えを持った他者だけではなく、身近な人、例えば親御さんがお子さんのためを思ってやったことが、お子さんのトラウマになるこ...

回復の土台

トラウマの方が身近にいる場合、何よりも本人のペースを尊重して回復の道を歩いていくのを見守ってあげましょう。 もし、少しずつ回復の道を歩いて...

心ここに在らず

相手の様子や雰囲気が普通と違うなと思ったら、相手に気持ちを聞いてあげましょう。 心ここに在らずという感じの場合は解離している可能性もあり、...

奇襲

話している本人はそんなつもりはなくても、その話題がトラウマの方にとって意外な話であれば奇襲と感じることがあります。 そのため、「今の話どう...

爆発

トラウマ症状がピークな時も、ただ離れたり冷たい態度をとってしまうと、トラウマの方を刺激してしまうことになるので、「落ち着いたらゆっくり話そう...

安心

トラウマの方が、自分のトラウマ体験を話している時にさらに詳しく知りたいときは、共感を交えながら聞くとトラウマの方も安心して話せます。

味方

トラウマの治療にあたって、私はあなたの味方ですということを示すのは大切です。 そうでないと、あなたを「敵」と感じてしまって、仲を深めたり物...