• 20代 30代 トラウマ PTSD 専門 カウンセリング アキヒコルーム
トラウマ PTSD 不安 無力感 アキヒコルーム
トラウマ PTSD 20代 30代 アキヒコルームが寄り添います
カウンセリング 相談 トラウマ PTSD 20代 30代

温かさNo.1を目指しています

僕は、大学を卒業した年に、精神疾患をわずらいました。
病状がピークの時には、わけがわからなくなり、窓を割ってしまった時等もありました。
その際、手を何針が縫うケガになってしまいましたが、こころへのダメージが大きかったように思えます。
それから入院し、定期的にカウンセリングを受けました。
入院中に4人のタイプのことなるカウンセラーの先生にカウンセリングを受けました。
その際、僕の言っている事に対し、どの先生も「そうですか」「それはつらいですね」など、無条件で信じてもらえ、見守って頂きました。
その時に、私は「人ってこんなに温かいものなんだ、、、、」と思い、安心しました。
僕がカウンセラーになるキッカケにもなった出来事です。
その時の僕のような人が数多くいる現代。
過去の僕のように、こころのダメージが理解してもらえない、つらい という人々に、やすらぎと安心を感じていただけるよう、温かさNo1を目指し、カウンセラーを続けております。

20代、30代 トラウマ、PTSD 専門カウンセリング

対人関係療法という言葉をご存じでしょうか。
認知療法より比較的カウンセリングが継続しやすい療法です。
対人関係療法は、トラウマ、PTSDの相談者様のお悩みに一緒に寄り沿うことが可能な療法と思っております。
アキヒコルームのカウンセリングは、対人関係療法になります。
僕のカウンセリングの理念は「温かさ」、相談者様に寄り沿いたいと思っております。

20代、30代に限定したカウンセリングに至った理由は、
20代、30代にトラウマや、PTSDで、お悩みの方が多いと実感したからです。
話を聞いてほしい、解決したなど、相談者様によってことなりますが、年齢層を限定することにより、より温かいカウンセリングが可能になります。

「やすらぎ」を目的としたカウンセリング

基本的にカウンセリングのベースは、『無条件の肯定的関心』です。
「それくらい自分で、出来るのでは」、「それは違います」とは決して言わず、お話を聞き、思いを共有する所から始まります。
「そうですね」「分かります」とお話できるよう、共感をモットーに、やすらぎを感じられるカウンセリングを行っていきます。

トラウマを解決することで、出来る事

・お話をすることが、つらくなくなり、楽しい。
・会社やプライベートで、人とコミュニケーションをとるのが、好きになった。
・色々なことに、積極的にチャレンジできるようになった。
・人の目を気にせず、外にでて食事や買物が楽しめるようになった。
など、多数の声を頂いております。

トラウマ PTSD 20代 30代 ひとりで抱え込まず、お話ください

お名前 (必須):

メールアドレス (必須):

種別:お問合せ相談(有料)

内容:



Information

回復の土台

トラウマの方が身近にいる場合、何よりも本人のペースを尊重して回復の道を歩いていくのを見守ってあげましょう。 もし、少しずつ回復の道を歩いて...

心ここに在らず

相手の様子や雰囲気が普通と違うなと思ったら、相手に気持ちを聞いてあげましょう。 心ここに在らずという感じの場合は解離している可能性もあり、...

奇襲

話している本人はそんなつもりはなくても、その話題がトラウマの方にとって意外な話であれば奇襲と感じることがあります。 そのため、「今の話どう...

爆発

トラウマ症状がピークな時も、ただ離れたり冷たい態度をとってしまうと、トラウマの方を刺激してしまうことになるので、「落ち着いたらゆっくり話そう...

安心

トラウマの方が、自分のトラウマ体験を話している時にさらに詳しく知りたいときは、共感を交えながら聞くとトラウマの方も安心して話せます。

味方

トラウマの治療にあたって、私はあなたの味方ですということを示すのは大切です。 そうでないと、あなたを「敵」と感じてしまって、仲を深めたり物...

両バサミ

トラウマの方の感じ方として、"あの人は自分をうまく操ってコントロールしようとしている"という感じ方と"そんな風に考えてしまう自分はおかしい"...

サポート

トラウマの症状がある方のサポートで意外と効果があるのが淡々とした温かいお世話です。 役割変化の真っ只中にいるトラウマの方にとっては、その中...

理解

トラウマ症状をもっている方は、大変なことに取り組んでいるのであって、すごいことをしているわけでもかわいそうな人でもありません。 地割れして...

孤独感

トラウマ症状を症状として認識することはとても重要です。 ただし、トラウマはあくまで病気であってそれ以上の意味はなく、必要以上に気をつかった...