• 20代 30代 トラウマ PTSD 専門 カウンセリング アキヒコルーム
トラウマ PTSD 不安 無力感 アキヒコルーム
トラウマ PTSD 20代 30代 アキヒコルームが寄り添います
カウンセリング 相談 トラウマ PTSD 20代 30代

温かさNo.1を目指しています

僕は、大学を卒業した年に、精神疾患をわずらいました。
病状がピークの時には、わけがわからなくなり、窓を割ってしまった時等もありました。
その際、手を何針が縫うケガになってしまいましたが、こころへのダメージが大きかったように思えます。
それから入院し、定期的にカウンセリングを受けました。
入院中に4人のタイプのことなるカウンセラーの先生にカウンセリングを受けました。
その際、僕の言っている事に対し、どの先生も「そうですか」「それはつらいですね」など、無条件で信じてもらえ、見守って頂きました。
その時に、私は「人ってこんなに温かいものなんだ、、、、」と思い、安心しました。
僕がカウンセラーになるキッカケにもなった出来事です。
その時の僕のような人が数多くいる現代。
過去の僕のように、こころのダメージが理解してもらえない、つらい という人々に、やすらぎと安心を感じていただけるよう、温かさNo1を目指し、カウンセラーを続けております。

20代、30代 トラウマ、PTSD 専門カウンセリング

対人関係療法という言葉をご存じでしょうか。
認知療法より比較的カウンセリングが継続しやすい療法です。
対人関係療法は、トラウマ、PTSDの相談者様のお悩みに一緒に寄り沿うことが可能な療法と思っております。
アキヒコルームのカウンセリングは、対人関係療法になります。
僕のカウンセリングの理念は「温かさ」、相談者様に寄り沿いたいと思っております。

20代、30代に限定したカウンセリングに至った理由は、
20代、30代にトラウマや、PTSDで、お悩みの方が多いと実感したからです。
話を聞いてほしい、解決したなど、相談者様によってことなりますが、年齢層を限定することにより、より温かいカウンセリングが可能になります。

「やすらぎ」を目的としたカウンセリング

基本的にカウンセリングのベースは、『無条件の肯定的関心』です。
「それくらい自分で、出来るのでは」、「それは違います」とは決して言わず、お話を聞き、思いを共有する所から始まります。
「そうですね」「分かります」とお話できるよう、共感をモットーに、やすらぎを感じられるカウンセリングを行っていきます。

トラウマを解決することで、出来る事

・お話をすることが、つらくなくなり、楽しい。
・会社やプライベートで、人とコミュニケーションをとるのが、好きになった。
・色々なことに、積極的にチャレンジできるようになった。
・人の目を気にせず、外にでて食事や買物が楽しめるようになった。
など、多数の声を頂いております。

トラウマ PTSD 20代 30代 ひとりで抱え込まず、お話ください

お名前 (必須):

メールアドレス (必須):

種別:お問合せ相談(有料)

内容:



Information

PTSDの種類

3ヶ月以内の持続のものを 「急性PTSD」 3ヶ月以上持続するのを 「慢性PTSD」 と呼びます。 また、衝撃的な出来事が起きてか...

苦しめるもの

"再体験症状"はPTSDでも、特にトラウマ症状を代表するものですが、 "回避・麻痺症状"や"覚醒亢進症状"の方が長い期間クライエントさんを...

いい言葉

今日は銀座まるかんの創業者であり、納税額1位にもなったことがある斎藤一人さんが本でもいい言葉を言っていたので紹介したいと思います。 「転ん...

アイドル

いつも専門的な話ばかりなので、息抜きという意味合いも含めて、今日は少し変わった話をします。 柴村恵美子さんという方が思いついたアイディアな...

覚醒

常にピリピリしていて、眠れなく不眠になったり、ちょっとしたことでイライラして、他人にそのイライラをぶつけてしまうようなどの症状を覚醒亢進症状...

回避・麻痺症状

この症状は、トラウマの過去を思い出さないように避けるのが特徴です。 一見思い出さないのだから、問題が無いように感じますが、生き生きと生きる...

再体験症状

再体験症状とは、トラウマ特有のもので、この症状は普段何気なく生活している時でも、突然起こりトラウマの記憶を呼び起こして苦しめます。

基準

PTSDは、客観的に見て「命に関わるほどの大きな体験」でないとPTSDと判断されないことがありますが、医学上の基準が全てだとは、僕は思いませ...