重要度

第3層の方たちは、職場の人たちなので一緒にいる時間は長いかもしれませんが、重要度は低く、会社でのストレスを家庭で発散するというのは本末転倒です。

基本的には、縁が切れても問題ないのが第3層の方たちです。