理想のコミュニケーション

理想のコミュニケーションは自分の話ばかりをするわけではなく、また話を聞いてばかりでもなく会話のキャッチボールができるのが理想的です。

普段の自分の会話を振り返ってみましょう。