メールカウンセリング2回の無料!2回のメールカウンセリングを受けてから、継続頂いても、遠慮なく終了して頂いてもかまいません。
トラウマ PTSD 不安 無力感 アキヒコルーム
トラウマ PTSD 20代 30代 40代 アキヒコルームが寄り添います
カウンセリング 相談 トラウマ PTSD 20代 30代 40代

温かさNo.1を目指しています

僕は、大学を卒業した年に、精神疾患をわずらいました。
病状がピークの時には、わけがわからなくなり、窓を割ってしまった時等もありました。
その際、手を何針が縫うケガになってしまいましたが、こころへのダメージが大きかったように思えます。
それから入院し、定期的にカウンセリングを受けました。
入院中に4人のタイプのことなるカウンセラーの先生にカウンセリングを受けました。
その際、僕の言っている事に対し、どの先生も「そうですか」「それはつらいですね」など、無条件で信じてもらえ、見守って頂きました。
その時に、私は「人ってこんなに温かいものなんだ、、、、」と思い、安心しました。
僕がカウンセラーになるキッカケにもなった出来事です。
その時の僕のような人が数多くいる現代。
過去の僕のように、こころのダメージが理解してもらえない、つらい という人々に、やすらぎと安心を感じていただけるよう、温かさNo1を目指し、カウンセラーを続けております。

20代、30代、40代 トラウマ、PTSD 専門カウンセリング

対人関係療法という言葉をご存じでしょうか。
認知療法より比較的カウンセリングが継続しやすい療法です。
対人関係療法は、トラウマ、PTSDの相談者様のお悩みに一緒に寄り沿うことが可能な療法と思っております。
アキヒコルームのカウンセリングは、対人関係療法になります。
僕のカウンセリングの理念は「温かさ」、相談者様に寄り沿いたいと思っております。

20代、30代、40代に限定したカウンセリングに至った理由は、
20代、30代、40代にトラウマや、PTSDで、お悩みの方が多いと実感したからです。
話を聞いてほしい、解決したなど、相談者様によってことなりますが、年齢層を限定することにより、より温かいカウンセリングが可能になります。

「やすらぎ」を目的としたカウンセリング

基本的にカウンセリングのベースは、『無条件の肯定的関心』です。
「それくらい自分で、出来るのでは」、「それは違います」とは決して言わず、お話を聞き、思いを共有する所から始まります。
「そうですね」「分かります」とお話できるよう、共感をモットーに、やすらぎを感じられるカウンセリングを行っていきます。

トラウマを解決することで、出来る事

・お話をすることが、つらくなくなり、楽しい。
・会社やプライベートで、人とコミュニケーションをとるのが、好きになった。
・色々なことに、積極的にチャレンジできるようになった。
・人の目を気にせず、外にでて食事や買物が楽しめるようになった。
など、多数の声を頂いております。

トラウマ PTSD 20代 30代 40代 ひとりで抱え込まず、お話ください

お名前 (必須):

メールアドレス (必須):

種別:お問合せ相談(有料)

内容:



Information

1日1時間

1日1時間、テーブルに向かって自分の人生や今の現状、本当はなにがしたいのかなどノートに思いつくことを書いていく時間を設けてみよう。 驚くほ...

日々の忙しさ

忙しい日々に小さな幸せを。 ストレスフルな世の中をピースフルに。 マイナスな感情をパワーに。 思い通りにいかない現実を夢のように。 ...

地道な努力

努力は実を結ぶとは限らない。 でも、努力しなければ成功する可能性は上がらない。 神様がいるかどうか誰にも分からないが、どこかで頑張ってい...

継続

無理しても続かない。 そして、自分を責める。 でも、いいんだよ。 あなたには、あなたに合った道がちゃんとあるから。

一瞬の判断

一瞬の判断が人生を大きく分けることがある。 しかし、本当にその判断の結果は変えられないのか? 僕は、変えられると思う。 生きさえいるの...

正解と不正解

人生に答えはない。 だから、迷う。 就職、転職、結婚、etc、、 結局選んだ道をどう歩くかが大切。 不安定のときはつらい。 答えが...

生きる価値

誰もが生まれたときから、もっているもの。 そのままでいい。 ありのままでいい。 あなたそのものに、存在しているだけで価値がある。

挫折

長く生きていれば誰にでも起こり得るものです。 大切なのは、その後のリアクション! 愚痴を言い続けて生きるのか、 どん底からじわじわ這い...

後悔

今の仕事を辞めたら後悔する気がする。でも、自由に生きてみたい。 誰もが1度は思うことだと思う。 そんな時は、自分の死に際を想像してみると...