メールカウンセリング2回の無料!2回のメールカウンセリングを受けてから、継続頂いても、遠慮なく終了して頂いてもかまいません。
トラウマ PTSD 不安 無力感 アキヒコルーム
トラウマ PTSD 20代 30代 40代 アキヒコルームが寄り添います
カウンセリング 相談 トラウマ PTSD 20代 30代 40代

温かさNo.1を目指しています

僕は、大学を卒業した年に、精神疾患をわずらいました。
病状がピークの時には、わけがわからなくなり、窓を割ってしまった時等もありました。
その際、手を何針が縫うケガになってしまいましたが、こころへのダメージが大きかったように思えます。
それから入院し、定期的にカウンセリングを受けました。
入院中に4人のタイプのことなるカウンセラーの先生にカウンセリングを受けました。
その際、僕の言っている事に対し、どの先生も「そうですか」「それはつらいですね」など、無条件で信じてもらえ、見守って頂きました。
その時に、私は「人ってこんなに温かいものなんだ、、、、」と思い、安心しました。
僕がカウンセラーになるキッカケにもなった出来事です。
その時の僕のような人が数多くいる現代。
過去の僕のように、こころのダメージが理解してもらえない、つらい という人々に、やすらぎと安心を感じていただけるよう、温かさNo1を目指し、カウンセラーを続けております。

20代、30代、40代 トラウマ、PTSD 専門カウンセリング

対人関係療法という言葉をご存じでしょうか。
認知療法より比較的カウンセリングが継続しやすい療法です。
対人関係療法は、トラウマ、PTSDの相談者様のお悩みに一緒に寄り沿うことが可能な療法と思っております。
アキヒコルームのカウンセリングは、対人関係療法になります。
僕のカウンセリングの理念は「温かさ」、相談者様に寄り沿いたいと思っております。

20代、30代、40代に限定したカウンセリングに至った理由は、
20代、30代、40代にトラウマや、PTSDで、お悩みの方が多いと実感したからです。
話を聞いてほしい、解決したなど、相談者様によってことなりますが、年齢層を限定することにより、より温かいカウンセリングが可能になります。

「やすらぎ」を目的としたカウンセリング

基本的にカウンセリングのベースは、『無条件の肯定的関心』です。
「それくらい自分で、出来るのでは」、「それは違います」とは決して言わず、お話を聞き、思いを共有する所から始まります。
「そうですね」「分かります」とお話できるよう、共感をモットーに、やすらぎを感じられるカウンセリングを行っていきます。

トラウマを解決することで、出来る事

・お話をすることが、つらくなくなり、楽しい。
・会社やプライベートで、人とコミュニケーションをとるのが、好きになった。
・色々なことに、積極的にチャレンジできるようになった。
・人の目を気にせず、外にでて食事や買物が楽しめるようになった。
など、多数の声を頂いております。

トラウマ PTSD 20代 30代 40代 ひとりで抱え込まず、お話ください

お名前 (必須):

メールアドレス (必須):

種別:お問合せ相談(有料)

内容:



Information

新たな対人関係

役割りの変化は対人関係にも影響を与えます。この変化で、今までの対人関係ではなく新たな対人関係を築くことができ、それが役割りの変化を乗り越える...

新しいもの・古いもの

子育て→子供の自立。 このような場合、急にやることがなくなってしまって、うまく役割りの変化に適応できない場合も! その他にも役割りの変化...

バランス

会社をクビになって心を病む。これは、みなさんも想定できることだと思いますが、昇進しても心を病む場合があります。なぜかというと責任が重くなった...

抱えこみ

相手とのずれのいい解決法は、ずれに直面することを恐れずにその問題について話し合うことです。 しかし、これはかなり勇気のいることです。まずは...

繰り返し

相手に対する期待が解決の見込みがなく、その状態が長く続いたり、何回も繰り返されたりすると心を病む可能性が高くなります。

期待

自分が相手に期待して抱く思いと、相手が自分はこういう風にしたいというズレその溝が深まれば深まるほどストレスを感じるようになります。

ズレ

この世の中には、自分と同じ人はいません。そのため相手と自分の間でズレが生じてしまうことがあります。 そのズレが悩み事になると心身のバランス...

悲しみ

大切な人を亡くした人に、いつまでもクヨクヨしてないで元気を出してというのはNGワードです。 悲しい時は十分悲しみ、悲しみきることが大切です...

重要なこと

単純ではない心理をともなう相手が亡くなられた場合、思い出を振り返るのが辛い場合もありますが、相手との関係をよく振り返ってみることが悲哀のプロ...

手紙

こんなことは直接言いにくいなという方は、まずはハードルを下げて手紙というかたちをとってみてはいかがでしょうか?